【陸曹教育隊ってなに?】元自衛官DKが教えます!

スポンサーリンク
rikkyou自衛隊

陸曹候補生選抜試験に合格しますと陸曹教育隊という所に入校することになります。

 

陸曹になるための教育を6か月受けて初めて3等陸曹の階級をもらえる所です。(正式には3か月ですが)

 

その辺りの内容も踏まえながら陸曹教育隊について説明していきたいと思います。

陸曹教育隊って何?

陸曹教育隊とは

陸曹教育隊とは陸士を陸曹に昇進させるための教育を行うところです。

 

前期の3か月は全職種共通の教育後期の3か月は専門職種の教育になります。

 

教育隊の中でも2つの中隊に分かれています。

 

1つ目は職種が普通科のみの学生が集まる中隊になります。

 

2つ目は例えば音楽隊や機甲科、衛生科などの様々な職種の学生が集まります。

 

何故分けているかというと、後期の3か月は共通中隊の隊員はそれぞれ専門の教育隊に行くためです。

 

普通科はそのまま後期も同じメンバーで教育が可能なためひとくくりにされます。

 

1日の流れは大体5時には起きて体力を鍛えて食事や洗面、教育準備などをして8時に教育開始、夕方5時には終わります。

 

そこから武器手入れや掃除や自習などで寝るのは平均夜12時くらいになります。

 

ほとんど寝れない時もあります。ブラック企業のもっとキツイバージョン(T_T)

 

それでは教育の内容に入っていきましょう。

前期3か月

前期では新隊員教育隊で行った内容をもっと細かくしたような感じです。

 

Images of 第1陸曹教育隊 - JapaneseClass.jp

 

例えば戦闘訓練では今までは班長に指示されて動いていたのが、今度は自分が班長になって隊員を動かしたり、体育も自分たちでメニューを組んだりします。

 

他には射撃では様々な係についたり、訓練の指示や当直、その他たくさんの係をほとんど経験します。

 

時間のない中で様々なことをしなければいけません。

 

 

新隊員教育隊の延長で知識も体力も向上させる、そして陸曹になるということはどういうことかを学ぶ場になっています。

 

最初に説明した正式には3か月で陸曹になれるといったのは後期は専門職種になりますので前期の共通さえクリアすれば卒業=陸曹という階級は与えられるわけです。

 

しかしながら部隊に帰って仕事をするには専門の知識がないと無理ですので全ての隊員は後期も卒業して陸曹となるわけです。

 

ちなみに前期の成績が大事!

 

次の階級に上がる基準になるので成績が悪いと十数年3曹のままです。

早い人は4年で2曹に上がりますので大きな差がでます。

 

私はちなみに同期のみんなに支えられて4年半でなりました!コツは周りをよくみて周りをよくコントロールすることだと思います。

 

試験系は絶対に落としてはいけません。

 

これを1つでも落とすと一気に順位が下がります。

 

あとは姑息に成績アップを狙ってやるのも良くありません。

 

そんなことは班長達はおみ通しなので、とにかくたくさんの友達と一生懸命やることを目標にしていればいいことがあります。

 

陸曹教育隊には人物点というものもあるからです。

 

私が成績が良かったのもそこがデカいと自負しています。嘘じゃないです!

 

何か自分で自分の事をいい風に書くのは気が引けますね…(;^_^A

 

でも経験していたからこその意見だと思うし、嘘を書いても仕方ないので参考までに。

 

 

後期3か月

続いて後期教育について書いていきたいと思います。

 

こきは専門職種の勉強&訓練です。

 

専門なので詳しく書くことは保全上できませんが陸士の知識にさらに範囲を広げて枝に葉っぱをたくさんつけていくようなイメージです。

 

ここは前期の延長になりますので、することがたくさんある中学んでいかなければいけないので中々大変です。

 

後期の説明が殺風景ですがホントに専門的なことしかしていないのでこんな感じですとしか説明できずにすいません。

 

迫撃砲 | 戦車兵のブログ

 

専門のイメージはこんな感じです。

 

ただし後期の成績は昇任にあまり関係してこないという事実もありますが、ここで失速しないように高い意識をもって頑張ってくださいね。

 

私は赤点もとって、実技の試験も1回落としてやらかしてしまった。(;´Д`)

 

これも本当です!

 

でも、2曹になるのが早かったので大事なのは前期教育で、後期はさほど関係ないという事。

 

でも私はその後息を吹き返して頑張ったので後期の成績はトントンといったところだと思います。

 

どっちも成績優秀がいいのには間違いありませんが、同期に嫌われるような成績の取り方だけは絶対にやめた方がいいと思います。

 

私たちの期の中でも成績優秀な人間がいました。

 

同期に嫌われるようなやり方の者もいたのであえて言わせてもらうと、横のつながりは自衛隊にとってとても大切です。

 

そこまでして成績が欲しいかというような言動や発言はやめておくべきです。

 

同じ部隊の先輩後輩にも優秀な成績で帰ってきた者がいたのですが、やはり人間的に優秀な人が好成績な印象です。

 

まとめ

自衛隊は色んな教育がありますが、どれも数か月かかって教えてもらうものばかりです。

 

英語の教育もあったりミサイルとか不発弾の教育もあります。

 

教えてもらって終わりじゃ身になりませんし、教育期間は長いようで意外と短いので終わってから勝負みたいなところがあるのも事実です。

 

以上で陸曹教育隊の説明をしてきましたが私が入校したころと今は教える人も時代も変わってきていると思いますのであくまで参考程度にしてください。

 

後輩たちの話を聞くと今は自衛隊自体の教育は大分緩くなってきている様子でした。

 

昔は罵声、暴力当たり前の時代でしたからね。笑

 

自衛隊も過ごしやすくなったものです。では。


最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog


コメント

タイトルとURLをコピーしました