【自衛隊で最も過酷!?想定訓練編】元自衛官DKがレンジャー訓練とは何か教えます。

スポンサーリンク
ranger2自衛隊

基本訓練を修了するといよいよ想定訓練に入っていきます。

 

想定訓練とは戦争になると実際に起きるであろう任務を想定して行うので想定訓練と呼ばれています。

 

皆さんがテレビやニュースでよく見るやつかと思います。

 

何故あんなことをしているのかを概要から書いていきたいと思います。

レンジャー訓練とは?

想定訓練概要

想定訓練は一般隊員には行えない作戦や任務を想定して、その任務を実行してもらうための訓練です。

 

橋やトンネル、道路を爆破しに行ったり敵を待ち伏せして襲ったり、はたまた敵のいるところに襲撃しにいったりします。

 

現場に行く潜入方法は様々で、これの訓練も兼ねています。

 

特にきついのは背嚢と呼ばれるリュックに40~50キロの荷物を背負って敵にばれないように山中を潜入していくのは、テレビなどでよく見る光景です。

 

背嚢の中には食料はほとんど入っていません。爆破薬やそれの備品、替えの着替えや戦闘に必要なグッズがほとんどです。

 

食料は非常用のみで食べたことはありません。

 

では訓練内容について書いていこうと思います。

 

想定訓練

想定訓練に入ると仕事の時間とそうでない時間の区別はなくなります。

 

理由は任務を付与されるのを待っている待機状態だからです。

 

任務に行く準備さえ終えていれば、任務を行う時間以外は寝ようが食べようが何をしていてもオッケーです。

 

本来レンジャーは隊舎に戻って休養ということはありませんが教育では任務数が多いため1個想定ごとに戻ってきます。

 

そして夜中だろうが、何だろうが非常呼集という任務に行けという集合がかかったら行かなければなりません。

 

まず非常呼集がかかったら任務は何なのかを確認、作戦会議をして潜入経路を決めます。

 

必要な武器や爆破薬などを準備します。

 

現地に向かうといった流れになります。

 

現地につけばいよいよ潜入して作戦実行です!

 

全部で9個想定あります。

 

任務

ここからは経験をもとに書きますがこの潜入がかなりきついので嫌で辞めていく隊員が多いです。

 

私がレンジャー訓練に参加した時は始めは25人でしたが最後まで残っていたのはたったの13人でした。

 

狭き門です。

 

レンジャーには体力気力以外にも運も必要です。ケガや体調の不良などは本人が大丈夫でも急に起きたり蝕んで来たりしています。

 

想定訓練で行う内容は文字で見るだけでは任務をするだけのように思いますがそんなことはありません。

 

荷物はまず平均50キロはありますし、装具や小銃、機関銃、などの武器類、荷物の中にはほとんど自分たちの手べ物や飲み物はありません。

出発前に全荷物を持って体重を測ります。当時の自分は76キロが何も持たない時の体重で全て装備した時の体重は138キロにもなっていたのを今でも覚えています。

 

その差は62キロです!

 

想定訓練が始まると動けなくなった仲間の荷物の分配や、諦めて帰りたいと泣き出したり、疲労困ぱいで幻覚をみたり、小便を漏らしてそれを飲んだり、子供の用に駄々をこねたりと人間の汚い部分が出てきます。

 

夜は寝れませんし最終の想定訓練では3日間寝ません

 

徐々に1日、2日と増えていくのですが、普通にオールで遊んでいるだけでも疲れるのにと書きながら思います。

 

でもこの訓練を終えなければレンジャー隊員にはなれません。

 

こういったことが最も過酷と言われる由縁です。

 

1個想定が終わると毎回10キロくらい痩せてたりもします。ダイエットにどうぞ。笑(100%リバウンドします)(;・∀・)

 

まとめ

まだまだ書きたいことや気持ちがありますが、皆さんの欲しい情報から脱線してしまうので想定訓練とは何か、想定訓練はどんなことや状況が起きているか理解いしてもらえるだけで十分です。

 

全自衛官のレンジャー隊員の励みになると思います。

 

余談ですがレンジャー隊員は全陸上自衛官の約8パーセントしかいません。

 

それだけ過酷で参加するまでにも試験があったりと、大変な思いをして勝ち得たレンジャー徽章は本当に涙が止まらなかったことを今でも思い出します。

 

絶対に出来ない経験が出来ますのでやってみる価値はあると思います。

 

レンジャー訓練まとめサイト ⇒ https://dkblog01.com/rangermatome/

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog


コメント

タイトルとURLをコピーしました