【自衛隊退職】元自衛官DKが理由を語ります

スポンサーリンク
yameru1自衛隊

自衛隊を辞めた理由をいくつか書きましたので、その1つ1つを深堀していきたいと思います。

 

下のリンクから辞めた理由をどうぞ

【自衛隊を辞めた理由②】元自衛官DKが教える自衛隊にいると出来ないこと。
ここでは自衛隊にいてはやりたいことができない理由を説明していきたいと思います。 自衛隊と言う組織は大きいようで意外と固執した小さい組織です。 悪く言えば世間知らずといったところでしょうか。 よく言え...
【自衛隊を辞めた理由】ホントに自衛隊続けるの?元自衛官DKが問います。
自衛隊を辞めた理由の2つ目を書いていきたいと思います。 一つ目はこちらから ⇒  一般的に自衛官が抱えているであろう不安や悩みを書いていきますので、必ずしも全自衛官がそうでは無いということをご理解ください。 ...

 

自衛隊に入隊した経験から入隊をする人のためにブロブを書いていますが、いい面ばかりを載せていては元自衛官が教える意味がありません。

 

しっかり辞めた理由も書いていきます。

 

死にたくない

様々な経験

 

死にたくないとは中々重たいテーマですがこの理由をいくつか挙げていきます。

 

・災害派遣の大変さ
・命に対する対価の低さ
・アメリカでの訓練で軍事力の差を知った
・有事の際を意識していると気が持たない

 

こういったことが死にたくないことに繋がります。

 

災害派遣は今では当たり前になっていますが、私がいた頃に東日本大震災によって流行りだしたように思います。

自衛隊は憲法違反?→自衛隊への恩を涙ぐみながら語る少女の言葉

流行りなんて言葉は悪いかもしれませんが、ちょっとしたことで災害派遣がかかるようになったといった方がいいかもしれません。

 

私たちの本来任務は国防であって災害派遣は主たる任務ではありません。消防や警察などとは違うという事です。

よって災害派遣に出たからといって給料が上がるわけでもないんです。

 

だからといって国民のためにやりたくないという隊員はほとんどいませんし、皆強い気持ちをもって現場に向かっています。

 

しかしそれが命に対する対価への不安や不満に繋がるというわけです。

 

勘違いや情報操作、人伝いのうわさ話。公務員としてお金をたくさんもらっているイメージ。

 

本当に勘弁してくれと思います。

 

月々24,5万のお給料で命を懸けて働くことの意味がどれだけ精神的に負担になるかという事です。

 

そしてアメリカで訓練をした時に圧倒的な力の差を感じる始末です。

 

海兵隊 - Wikipedia

実戦を経験している部隊はやはり違いますし、日本はアメリカより危ない位置にいながら自衛隊はいらないという人も国内にはまだ少なからずいます。

 

平和が一番、国同士の争いなんてもってのほかと誰もが分かっています。

 

でも世界はそう簡単なようにはいかない事実があって、日本を守ったり戦争にならないようにするために自衛隊は抑止力として存在しています。

 

軍隊が無い世界が1番いいに決まっていますが、そうならないのが人間の世界なのです。

 

こういったことを意識して過ごすことが佐世保に移動してからは強く意識して訓練や日々の生活をしていました。

 

そうした日々を過ごしていると気が持たないという事、考えすぎといわれるかもしれませんが、有事の事態はいつ起きてしまうか分かりません。

 

自衛官はそういう仕事なんだと、それで納得して自分が働いているんなら仕方ありませんが私はそうでは無かったので退職することにしたわけです。

 

 

 

生きた心地がしない

普段の生活

 

生きた心地がしない理由もいくつかあります。

 

・事務所で働いている人間の目が死んでいる(特に幹部)
・生産性が無い
・毎日誰かの愚痴や文句を聞く
・ほとんどの隊員が思考停止している

 

毎日の生活はこのようなことを感じるわけです。

 

事務所で働くと毎日パソコン業務やその他の調整、ハンコ仕事、何のために自衛隊なんかも分からんくなってきます。幹部連中は特に目が死んでいる人が多い気がします。

死んだ魚のような目の人のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

幹部になると訓練はほぼしませんし、指揮する訓練がメインになってきますので身体を動かすことが無いといってもいいです。

 

トップダウンが遅いせいで生産性も非常に悪いです。

 

民間企業ならとっくに潰れてるレベルです。(;´Д`)

 

そんな日々が続くもんですから、隊員からは文句や愚痴を毎日のようにどこかで聞きました。

 

私はそれも嫌だったので辞めるのに何のためらいもありませんでした。

 

文句や愚痴が出るのは仕方ないとは思いますが、そういっている人ほどぬるま湯に浸かっていて何も行動しない人だと私は思います。

 

言わす方も言う方もお互い様という事です。

 

そういう点から見ていくと思考停止している隊員が多いのも納得していただけると思います。

 

日頃から考えていれば辞める以外の結論は出ないと私は思います。家族や世間体を気にしているのなら言語道断。

 

自分の人生なんだから家族の分も背負ってやるだけ!

 

少なくとも私は辞めてから金銭面はともかく、とても家族楽しく過ごせています。

 

毎日何かしらやりたい事やしなくちゃいけないことがあって充実♪充実♪

 

思考停止すれば死ぬとき後悔します。死んだことないけど…笑

 

死んだらずっと休めるんですから毎日楽しく過ごして死んだ方がよっぽどいいと思いませんか?

 

自分を変えるのは自分で、環境を変えればまた新たに何かが始まるので全然怖くなんかないという事です。

 

まとめ

以上の理由から死にたくないと漠然的に思うようになり、なんだか生きている心地がしないということに繋がってきます。

 

隊員の中でもその葛藤と日々戦っている人は何人もいますが、様々な理由から自衛隊に踏みとどまっています。

 

自衛隊は無くてはならない存在です。

 

しかしながらトップダウンの遅い組織はいつか潰れますし、この時代に合うようにスピードを求めなくては諸外国に置いて行かれ、世界の老害国の道をたどっていくことになるでしょうね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog



コメント

タイトルとURLをコピーしました