【自衛隊の災害派遣~過酷な任務を受け持つ猛者たち~】元自衛官DKが教えます。

スポンサーリンク
saigaihakenn自衛隊

自衛隊任務の1つにというか最近ではこれで認識されていることが多いと思いますが、災害派遣があります。

 

私が自衛官時代にもかなりの災害がありました。

 

今回は皆さん知らないその実態や活動について詳しく書いていきたいと思います。

 

災害派遣とは

災害派遣は、自衛隊法に基づいて色んな活動をおっこなっています。

 

その内容は大きく「災害派遣」「地震防災派遣」「原子力災害派遣」の3つとなっています。

 

自然災害の時にテレビやニュースでよく見ると思いますがその他各種災害の発生時に、国内のどの場所においても、被災者や遭難した船舶・航空機の捜索・救助、水防、医療、防疫、給水、人員の輸送といった様々な活動を行っています。

 

なんだか難しいですねー。

 

要は災害時に独自の装備を使って国民を助けたり支援したりするってことです!

 

災害派遣は災害によりその地域や自治体の保有する防災・災害救助の能力では十分な対応が出来ない時に行なわれるもので、自衛隊の本来の任務は侵略からの国防であり、災害派遣はこの侵略による任務に支障ない範囲で行われます。

 

災害救助という内容も含まれるため、その場に警察がいない場合は、警察官職務執行法(ようは警察官の変わり)が適用というか準用されるのです。

 

警官と同じように治安の維持を図るため、建物に入ったり、悪い人を捕まえたりできるわけです。

 

これによって私有地への立ち入りや建築物・車両等の除去など通常勝手に出来ないことが自衛隊の判断でできるようになります。

画像・写真 | 自衛隊 東日本大震災ほか災害派遣活動 1枚目 | ORICON NEWS

だから自衛官は警察がその場にいない場合はあらゆる権限の下で活動しているので安心して助けの声をかけてあげてください。

どのように活動するのか

その活動内容は非常に幅広いです。

 

自衛隊は全ての機能を自己完結できる能力をもっているので、物資輸送や生活支援、応急復旧工事などで早急に対応して時間的尺度も消防や警察に比べて早いと言えます。

 

また航空機や初動対処要員の24時間待機などの体制が常にあるため近隣の駐屯地から真っ先に派遣することが可能なのです。

 

活動内容は行方不明者の捜索や被災者の救出、治療や遺体の収容・搬送、道路や破壊された場所の応急的な復旧作業、障害物の除去、物資の輸送、空中消化など

あとはお風呂をつくったり、除染作業、豚コレラなどの殺処分もしたりします。

自衛隊は国防軍でもいいとおもう 災害派遣」(ひどい被災者が多い) - Adolf庵 亜奴流布の残日録

隊員は災害が起こることを想定して毎日交代で待機している人員と、それ以外で大体1週間交代で待機している部隊があります。

 

初動対処についた人間は基本飲酒できませんし、1時間以内に駐屯地に着いて出発できる体制でいなければなりません。

 

荷物については準備は常にしていてそれを持っていくだけの状態にしてあります。

 

最近では携帯電話の発達により常に連絡を取れる体制でいなければいけないというのもあります。

 

私はこれが非常に嫌でした(-_-;)

 

休みにも休んだ気がしない感覚になって、早く初動対処交代したいと思ってたなぁー。

 

初動対処がいるからといってその他の隊員も連絡手段は常に気にしてないといけません。

 

初動が動く=全隊員後から行くことになるのが基本ですので、その他の隊員もできるだけ早く登庁(出勤)しなければならないのです。

 

その他緊急度が分かれていまして、軽いレベルですと本部系の事務所要因の人が出勤して情報収集をしたり、もう一段上のレベルになりますと中隊の事務所の人が集結したりします。

 

災害は起きないに越したことはないですね。

 

最近では自衛隊が暇な方が日本は平和な気がします。

災害派遣時の隊員の衣食住

さてここからは隊員たちの衣食住のことについて書いていきます。

 

なぜここをピックアップしたのかといいますと私が発信することで皆さんに隊員の苦労を知ってもらいたかったからです。

 

こんな事書いて見てくれる人も少ないのを覚悟でアップしますが、できれば気にして欲しい、心に余裕ができた時に「そういえばあの時助けに来てくれてた自衛隊の人たちは被災地でどうやって生活してたんかな」と思って見てくれると嬉しいです。

 

まずは服ですが、大体3日分の下着と戦闘服の替えは初動の人で1着、後から来る部隊で2~3着替えをもっていってます。

 

しかしながら何日後に交代がくるかも分からない状況では隊員はほとんど着替えをしないこともありますし、着替えた洗濯は手洗いでキレイといえたものではありません。

災害派遣の自衛隊の方々は雑魚寝・・・。 : SASゆかりの地 縁起もので行こう~!+名曲

臭くても汚くても勘弁してあげて欲しいのです。

 

命を大切にして欲しいのです。

被災された方やテレビで見たことがある方はご存じだと思いますが、被災者は温かい食事を提供されて、私から見ても十分なほどの食事を自衛隊が行った場所の方には提供できていると思います。

煮る焼く炒める……何でもできちゃう! 災害時も大活躍する自衛隊の炊事車がすごい | トヨタ自動車のクルマ情報サイト‐GAZOO⇐皆さんはこちら自衛隊員には温かい食事を!(´・ω・`) | Faith of the Heart @ Ameba⇐自衛官はこちら

 

しかし隊員は冷たい缶めしや急な災害には乾パンなどのホントの非常食だけの場合もあります。

 

後輩に聞いた話ですが食事を提供した時に「量が少ない、もっと入れて」といわれたそうです。

 

ホントに悲しく何のためにやってんねやろと思いましたし、日本人は非常事態でも並んで待つ国民だと思っていましたがショックでした。

 

私たちは税金から給料をもらっていますが税金は皆さんと同じように給料からひかれて立場は同じです。

 

それでもこういう時のためにつらい訓練や準備をして食事もろくにとらずとも任務を遂行出来るようにしているわけです。

 

嫌な顔せず戻ってきたその隊員は自衛隊を辞めました

 

後はこの記事を読まれた方の想像にお任せします。

 

つらい話になってきたので次に行こうと思います。

住まいは校庭や広い地域に天幕(テント6人用)を立ててその中に4人くらいで生活しています。

 

じゃあ広いやんと思いますが荷物や簡易ベッドなどを入れると狭くて6人用とは名ばかりのものです。

 

不衛生で電球1個で暗いテントになります。

陸上自衛隊豊川駐屯地 駐屯地祭(於11年10月8日)/その3」アスロックのブログ | 普通のさらりーまんが【であごすてぃーに】にはまってみた。 -  みんカラ

私は意外と居心地よくて好きでしたが何日もこういった生活が続くと思うと大変ですし、最長でも1ヵ月生活したことがありますが、2週間目くらいが結構つらいです。

 

もちろんお風呂も無いですし被災地にできても仕事が終わって被災者が入ってから隊員の順番です。

 

隊員の苦労を言いたいのではなくて同じ日本人として知ってほしいですし、今は私も自衛隊の人たちに助けてもらう側になったのでそういう感謝の気持ちを余計に感じているからこその内容です。

 

だからといって私自身は自分の身は自分で守るつもりです!

 

自衛隊にはお世話にならないと宣言して辞めてきましたので。(笑)

まとめ

このように隊員たちは非常に劣悪な環境の中、災害派遣の任務を行っています。

 

ただそれだけですが本来任務では無い仕事を愚直にこなす彼らを、私は尊敬し、応援します。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました