【自衛隊辞職】元自衛官DKは家具職人の道へ。

スポンサーリンク
furniture1木工

私は自衛隊を辞めて木工の道に進むことに決めたのですが、公務員を辞めるということの大変さや辞めてどうやって職人の技術を学んでいくのかを自分の体験をもとに書いていきたいと思います。

 

これは自衛隊だけではなく木工の道へ進みたい人にも見ていただけると参考になるかと思いますのでぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

自衛隊を辞める

理由

公務員で安定してるのに辞めてまで違うことをするのかとよく聞かれます。箇条書きで上からウエイトの思い順番に書いていきます。

 

・死にたくない、生きた心地がしない
・後悔したくない
・やりたいことがあるし自衛隊にいては無理
・自衛隊の先を見てしまった
・だったら挑戦したい

以上が辞めた理由です。

 

人生は1度きりで人の価値は何に見いだされていくのか、死を身近に感じると健康年齢80年、死ぬまで100年時代に時間は十分にあるのか、金持ちも貧乏人も時間はホントに平等なのか色々考えました。

 

答えは人は何かを生み出すことで価値が生まれ、時間は平等ではないということ。

 

それはいつ死ぬか分からないのに普通の人や貧乏人は無駄に、金持ちは有効に使っているだけだと気づきました。

 

自衛隊で体感したり見てきたことは自分にとってとても有益でした。早くに色々なことに気づいた事がとても重要に思います。

 

挑戦と失敗無くして大きな成功は無いのです。自己啓発本のようなことを書いていますがこういった本を読んで行動している人はほとんどいません。

 

自分はやることに決めました。辞める理由の項目は1つ1つ説明したいのですが興味ある人は別の投稿で細かく書いていきますのでそちらをご覧ください。

 

辞めるまでの流れ

辞めるのにはまず自衛隊は直属の上司に相談し、どんどんと組織の上え伝えてもらいます。

 

ここで注意が必要なのはその上司から上に伝わっているのか自分で確認してほしいということです。

 

自衛隊と言えど適当に生きている人も残念ながらいます。上の人というのは自衛隊は役職が細分化されていますので、4つとか5つくらい上までの承認がないと辞めれません。

 

時間がかかるということです。最低でも半年前には報告することです。

 

それが伝われば後は自衛隊側が処置をしてくれますが問題があります。

 

辞めて何をするのかといううことをしつこく聞かれたり、その後の住所や、書く書類が結構あります。

 

後は辞めるまでの間は普通に仕事をして貯まった有給や代休を消費して辞めていくだけです。

 

ここからはアドバイスですが辞めるまでの流れは非常にめんどくさいです。自分は伝えるために書きましたが、皆さんはめんどくさいと思っても口に出してはいけませんよ。

 

言葉は現実になります。文では簡単に思うかもしれませんが上司を説得したり、次の仕事を見つけたりしないといけません。

 

自分の場合はやりたい事が明確でしたし、上司もよかったのでスムーズでした。自衛隊は人脈を作るのには最適です。

 

辞めるまでしっかりと誠意をもって働いておくほうが今後の自分のためにもいいかと思います。

 

家具職人として生きていく

どうすれば家具づくりが学べるのか

木工を学ぶには独学、工房にいれてもらう、専門の学校に行くの3つです。

 

独学は時間もお金もかかる上にDIY程度のものしかできない可能性があります。

 

工房は色んなことを学べて1からモノ作りをできますが、技術も1からです。

 

学校はお金がかかるが基礎から学べます。

 

独学できる時間とお金のある方は自分のペースできるのでいいと思います。

 

工房は技術も1からなのでそれなりの覚悟がいりますが職人になるには近道です。学校はお金があれば技術もついて仕事でも即戦力です。

 

まずはこの3つから自分に合ったものを探すといいと思います。

 

そうすれば木工に携わっていく1歩が踏み出せます。

 

私の話になりますが色々探した結果お金もほとんどかからない、学校にも行ける、飛騨の木工技術を学べる木工芸術スクールという所を見つけました

 

この学校は職業訓練校なので学費の免除やハローワークにいくと審査に通れば10万円毎月もらえます。

 

私は公務員でしたので失業保険がもらえませんのでいきなり給料ゼロです。退職金260万程度もらえましたが税金がくるので置いておかなければなりません。

 

なのでそこに行くことを決め木工芸術スクールの試験を受けることになりました。

 

上記で紹介した3つ以外の抜け道でした。参考までに紹介しておきますね。

 

今の仕事を辞める場合はまずハローワークに行くことをお勧めします。

まとめ

自衛隊を辞めるのには結構手間と時間がかかるということ、木工を学ぶには3つの選択肢と私が紹介した方法があるということを書きましたが参考になったでしょうか。

 

これからは個人で稼いでいく時代になります。国も副業を勧めだし、コロナで経済はボロボロです。時代と逆をいくような職業かもしれませんがやってみたいと思った時が吉日です。

 

学校の様子や学んだことは逐次アップしていきたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
dkblog


コメント

タイトルとURLをコピーしました