【これを読めば分かる!】元自衛官が教えます。自衛官候補生、一般曹候補生どっちを選ぶ?

スポンサーリンク
kouhoseikasoukouhosei自衛隊

皆さん自衛隊に入隊する前は不安だと思います。

 

今回は1つ前のブログで少しお話させてもらった自衛官候補生と一般曹候補生の違いや比較について書いていきたいと思います。

 

1つ前のブログはこちらになります。

【目指せ自衛官!】自衛隊への入隊までの流れは?
自衛隊に入隊したいけどどうやったらいいの?とか自衛隊って厳しそうとかしんどそうなど、具体的に何をやっているか分からない組織ですよね? 自分も公務員(特別種国家公務員)ということしか知らずに入隊したのでその気持ちがよく分かります...

 

自衛隊に入隊を考えている方、将来設計をする上でとても重要なお話になると思います。

 

最後まで読んでいただけたら選択に迷っている方も必ず自分に合った方を選べますので絶対に最後までご覧になってください。

自衛官候補生はバイト?

なぜバイトと思うのか

はっきり言って自衛官ではありません。

 

自衛官には階級章が与えられるのですが、自衛官候補生で入隊すると正式な階級章は貰えない、あくまで自衛官の卵という扱いになります。

 

約6か月の教育を修了しないと正式に自衛官とは認められないのです。

 

その後それぞれの職種に分かれて専門的な教育を約3か月受けますが、この後には自衛官として仕事ができるようになります。

 

専門的な教育は一般曹候補生も同様に約3か月受けます。

 

自衛官候補生は簡単に言うとそこまでは辞めないでね?でもここまで働いてくれたらお金あげますといった任期というものがあります。

 

1任期2年で約50万2任期さらに2年でさらに190万の給料、ボーナスや給料とは別に4年で240万貰えます。

 

4年で給料、ボーナス別で240万円がもらえるなんて最高です。

 

ちなみに生活費は量なので食事代、光熱費、家賃全てタダです。

 

こんな高時給なバイトはなかなかありません。本気をだせば1000万円は4年で貯めれます

おかね2

しかし結論を言いますと自衛隊は陸曹という階級にならないと定年まで雇ってくれません。

 

陸曹という階級になる試験を受けて合格し、さらに6か月間の教育にいかなければなりません。

 

その試験に受かるのが難しいのですが、自分の周りにはたくさん受かっている人もいました。

 

ぶっちゃけやる気次第です。

 

普通のバイトでもバイトリーダーから社員になったりする人がいるように自衛隊もそんな感じです。笑

 

 

社員にはなれるのか

 

では自衛官候補生は社員(陸曹)になれるのでしょうか?

 

答えは余裕でなれます

 

筆記試験は暗記がほとんどですし、体力試験は昔ほど基準が高いわけでは無いです。

 

 

でも、勘違いしてほしくない点は体力は1日にして成らずということです。

 

私も私なりに努力はしたので、運動を昔していたからと言って安心はできませんし体力は水物ですので毎日何かしら鍛え続けることがとても大事です。

 

元々体力に自信のない隊員もたくさんいますが、みんな努力して陸曹になっています。

 

それができないのであれば陸曹になるのはお勧めできませんし、なれません。。。本当です。

 

本人次第で部隊も応援してくれるので、なると決めたらなれるといった感じですし、任期で辞めるといったからといって無下に扱われることは無いので安心してください。

 

そこが自衛官候補生のいいところです

 

一般曹候補生は準社員

なぜ準社員なの?

 

準社員と自分が感じるのは自衛官候補生とは違って任期もない、ということはお金ももらえないです。

 

けどなぜこの制度があるかというとそれは陸曹になるという条件が付いているからです。

 

メリットは自衛官候補生の定年の退職金と一般曹候補生の定年の退職金に違いが出てくるはずだからです。

 

が、自分は定年まで自衛隊にいたわけでは無いので詳しく分かりません。

 

退職金が減っていている現状と、投資的や日本の将来、軍事的ビジョンを見ても先のことはわかりません。

 

よって個人的見解で考えたら、お金の面では現時点で一般曹候補生の方が不利だと思います。

 

今の日本の未来はとても不透明で、4年で確実にもらえるお金を自分やそれ以外に投資していくほうがベストだと思います。

 

準社員であるのは陸曹になれる確約みたなものがあるためですが、辞めていく隊員もいるのが現状です。

 

これらのことを踏まえて以下に比較し参考にしていただけたらと思います。

 

双方の比較

自衛官候補生             一般曹候補生
金銭 貯まるが散財しがち     たまらないが散財しがち
勤務 ストレスは少ない      ストレスが多い
自由 続けるも辞めるも自由    辞めない前提なので不自由

 

退職金は今もなお減り続けているのが現状です。

 

自衛官は寮に最初は全員入りますので散財しがちです。

 

周りと協調性を持つことは大切ですがお金の管理は芯を持ってブレないことが大切です。

 

ある程度付き合いで呑んだりしても絶対に残るお金が1人の場合はあるので入隊した後は将来を見据えて貯金なり投資をしてください。

 

後は良い同期、先輩、上司を見極めてください。

 

社会に出ればある程度の付き合いは大切です。

 

ですが、毎日飲み歩くような先輩や同期などはその日暮らしで自衛隊にヒモのように寄生しているだけの文句ばかり言って自分では何もしないし責任も取らない人が多いように思うからです。

 

より良い関係を築くことも自衛官人生の良しあしを決めるといってもいいです。

 

幸い私は周りに恵まれ、自分を高めることに力を注げましたが、自爆して散財はしてしまいました。

まとめ

ここまでいろいろ書いてきましたが、今の日本の現状を考えると自衛官候補生がお勧めかなと思います。

 

やりたいことがある人もない人も4年間でお金を貯めて世界一周したりお店を出したりするそんな人生もいいかと思います。。

 

国防の任務に燃えて陸曹になると決めてもいいですし、結婚して自衛隊で安定するために陸曹になってもいいと思います。

 

後は自分次第です。

 

世の中には何万と職業があるので自衛隊にこだわらず色々考えてみてください。

 

自衛隊のお金事情を私の経験から書いたブログもありますのでそちらもご覧になっていただけると

もっと詳しく自衛隊のお金事情が分かると思います。

 

リンク ⇒ https://dkblog01.com/jieitaiokane/

 

補足及び注意点:受ける試験を選べますので自衛官候補生は絶対に受けて、一般曹候補生は自分の意志で受けてください。

 

どちらも受かった場合は準自動的に一般曹候補生になりますのでほんとに注意してほしいと思います。

 

私は少し前まであった一般曹候補生のような制度の陸曹候補士で入隊して後悔した記憶があります。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog



コメント

タイトルとURLをコピーしました