【入隊後半戦の3か月間】元自衛官DKが教えます。

スポンサーリンク
nyuutaikouki自衛隊

さて色んな苦難苦痛を乗り越えて前期教育が修了して、いよいよ後期教育が始まります。

 

後期教育はどんなことをするのか教えていきます。

 

答えは専門分野の勉強や訓練です。

 

後期はそれぞれの適正に基づいて各専門職種に分かれます。

 

ここで大きく分かれるのは基地や駐屯地の場所です。

 

基地や駐屯地によって入っている部隊が違うので様々な地域に分かれることになります。

 

要は自分の行きたいところに行ける人もいればそうでない場所にに行く人もいます

 

ちなみに私はそうでないほうでした

 

そして苦楽を共にした同期ともここでさよならしなければいけません。

 

私はあほみたいに泣いてしまいました。(;・∀・)

 

勤務先と希望職種はある程度聞いてくれるのですが人生そんなに甘くはなっかたです。

 

ちなみに私は普通科といって、最前線部隊に行くことになり、ここから水陸起動団の隊員にまで上り詰めることになります。

最新の精鋭部隊・水陸機動団について解説 | 戦車兵のブログ

 

これからは自分が行った普通科経験に基づいて話を進めたいと思います。

後期では何するの?

専門的な教育

私が受けたのは普通科という職種で、簡単なイメージで言うと最前線の戦闘員です。

 

どんな職種でもいえるのは後期は専門的になるということです。普通科はさらにその中でも3つほどに分かれていました。

 

1つは戦闘員(ナンバー中隊と呼ばれる歩兵)

1つは対戦車(戦車に対して特科してる歩兵)

1つは迫撃砲(歩兵を後方で支援する迫撃砲を扱う兵隊)です。

 

陸上自衛隊 普通科 | 戦車兵のブログ

何が専門的かというと、前期で受けてきたのは全自衛官共通でできなければならないことで、後期はそれをさらに細分化してその職種のセミプロ(職人見習い的な)に育てる期間です。

 

専門な教育に詳しい班長達が面倒を見てくれます。

3か月終わったらどうなるの?

中隊配属

後期が終わるとそのまま上記で説明した大きく3つのカテゴリーで分かれている中隊という枠組みに入れられます。

 

ここで後期教育のほとんどの同期たちとはバラバラになります。

 

駐屯地に中隊はいくつか存在していて、そこに概ね均等に振り分けられます。

 

そのにはこれから長いこと付き合っていく先輩や上司になる人たちがたくさんいます。

 

配属されると、ずっとここで仕事をします。陸曹という階級になれば転勤がありますが、特例を除き基本は同じ中隊で勤務となります。

 

一身上の都合がある場合や、自衛隊で行われている准看護師の試験や空挺の試験に合格した場合は別です。

 

いよいよ自衛官として仕事が始まりますが、いったい何をやっているのでしょうか?

 

ちなみに私は迫撃砲の専門の部隊に配属されました。

 

迫撃砲弾 | 戦車兵のブログ

後期教育の内容を説明しますと、迫撃砲以外の普通科の同期は前期教育にプラスで装備武器が増えます。

 

更に前期より訓練は激しさを増し、体力も気力もきつくなっていきます。

 

一方迫撃砲専門で入った私は迫撃砲の操作や射撃、知識について学びました。

 

体力や気力については前期ほどでは無いですが頭もそれなりに使うのかなと感じます。

 

ちなみに移動してから振り分けについては分かりますので、普通科の駐屯地に行って初めて迫撃砲の専門なんだとわかりました。

 

余談ですが迫撃砲の隊員やそれら専門の隊員になるには知能指数を7段階に分けられてるうちの確か3か4以上ないとなれません。

 

普通科は3以下でも大丈夫です。

まとめ

後期教育から中隊配属までを説明してきましたが、自衛隊人生はここからやっと始まるといっても過言ではありません。

 

普段自衛隊は何をしているのかという疑問が出てきますが、結構色々やっています。

 

その辺りについてはこちらからhttps://dkblog01.com/niyijyou/

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog



コメント

タイトルとURLをコピーしました