【入隊後3か月間】元自衛官DKが詳しく教えます

スポンサーリンク
最初の3か月自衛隊

試験に合格し無事入隊が決まったらいよいよ訓練の開始となります。

 

そこで疑問になってくるのがどんなことをするのか、しんどいのか、人間関係は?など様々あると思います。

 

元自衛官DKが出来るだけ詳しく書いていくんでぜひ最後までお付き合いください!

 

入隊してどんな事するの?

準備

入隊してすぐに訓練というわけではありませんまずは準備です!

 

身体検査や体力測定、制服や戦闘服の採寸などがあり、一番時間がかかるのは縫物です。

裁縫の白黒シルエットイラスト | シルエット イラスト, イラスト, 裁縫

 

この縫物はジャージや自衛隊で支給される戦闘服などに自分の名前を縫い付ける作業です。

 

ホントにこれが大変ですね。

 

ワンポイントアドバイスとしてまつり縫いをマスターしていくと完璧です。全部この縫い方なので糸が見えないように縫うのがコツです。https://www.felissimo.co.jp/couturier/blog/categorylist/saiho-sewing/post-6217/

まつり縫いといっても奥縦まつり縫いを覚えて行ってください。

 

その他ベットメイキングや生活するためのルールを教えられます。

 

後は髪が長いと切ったり、生活に足らないものを売店で購入したりします。

 

ちなみに1部屋に大体10人程度で共同生活をし班長と呼ばれる自衛官の人がその部屋の面倒を見ます。

 

 

基本教練

次に準備が終わったらいきなり戦闘訓練というわけではありません。

 

体が慣れるようにカリキュラムが組まれています。

 

基本教練というのは、敬礼や回れ右といったことをやります。

基本教練 - JapaneseClass.jp

 

これは自衛隊生活の基本となる訓練ですのでしっかり教えてもらいましょう。

 

これが出来ていないと部隊に配属されてから先輩や上司に厳しく指導されるか、今のご時世諦められかねません。

自衛隊でもパワハラやモラハラの流れがあります。

 

厳しくすると辞めていく隊員が多いのも事実です。

 

厳しくしない指導方法がわからなくて困っている隊員もいるので、時代の流れを受け入れていける人ばかりではないということは頭に入れておきましょう。

 

だからこそ自分でお給料をもらっていくわけですからこれくらいは体に染みつくほどやっていきましょう

 

そうすれば人間関係に悩む種が1つ減るので自衛隊で過ごしやすくなると思います。

 

心からのアドバイスです。

戦闘訓練

戦闘訓練はYouTubeで探し動画で探して見てもらえればと思います。

 

「何や動画かい」と思うかもしれませんがこれが一番早いです。

 

元新隊員教育の区隊長が語る】 〜陸上自衛隊の新隊員教育もゆとり教育??〜 - 元・陸上幹部自衛官の13年間の奮闘記

 

「戦闘訓練 新隊員」と調べてもらうといいです。1つリンクを貼っておきますhttps://www.youtube.com/watch?v=K8ODIUTQO_Q

 

ぶちゃけしんどいです。

その他の訓練

射撃をしたり、催涙ガス体験をしたり、行軍と言って荷物をもって10キロほど歩く訓練もありますし、体育では駆け足と筋トレメインで徐々に鍛えてくれます。

 

新隊員行進激励実施 : 公益社団法人 熊本県自衛隊父兄会

体力検定というのがあって、これは基準に受からないといけません。

 

しかしながらいきなりは厳しいと思います。3か月のうちに数回検定をやってくれるので、最後の検定で受かれるように頑張りましょう。

 

私もバリバリのバスケットマンでしたが、全ての種目をクリアしたのは1ヵ月を過ぎた頃の検定でした。

 

3か月あれば変われますので毎日寝る前や、仕事の時間以外、風呂に行く前など同期と協力して体を作りましょう!これも仕事の1つです。

 

ぶっちゃけ厳しいの?

寮生活

これは向き不向きがあって中々大変です。

最初は厳しいと思います

 

私はバスケをしていて団体生活には慣れていたので平気でしたが、そうでない子もいます。

 

平気な人はしっかりサポートしてあげることが大切です。

 

部屋の中がギスギスしているとたくさん覚えることがあるのに集中できませんし、この先も団体生活は続くのでここで折れて辞めてしまってはもったいないです。

 

自衛隊は教育期間が終わっても移動した先の寮に住まなければなりません。(既婚者は特例あり)

 

そして同じ部屋には先輩がいる場合がほとんどです。

 

同期とうまくできないのにましてや先輩などいるとストレスが半端ないです。

 

だからこれも1つの訓練と思って頑張りましょう

人間関係

自衛隊は団体生活になりますし、本格的に仕事が始まっても同じ部署には100人前後の人と関わらなければいけません。

 

リモートで仕事ができる職業ではないので、、、1つ言えるのはみんな怖そうに見えますが意外といい人が多いです。

 

積極的に仕事をすれば認めてくれますし、ミスしても大丈夫です。

 

最初からできる人間なんていません。

 

同じミスはしないように心がけるだけです。

 

人間はそもそも同じ環境で育ってませんのでバラバラで当たり前です。

 

嫌いな人も、気の合う人もいて当然なんで。割り切って付き合うのが1番かと思います。

 

人が多い組織だと人間関係は複雑になって当たり前です。

 

自分らしく少し協調性をもってやればいいと思います。

 

先輩や上司は厳しかと言われればそうでない人とそういう人がいます。

 

最近の傾向はぶちゃけ楽勝ですというのが自分の感想ですが、それが当たり前で入隊してしまうと厳しいと感じると思います。

 

いつになってもその時その時代の厳しさがあるので答えは自分で入ってみて確かめるに越したことはありません。

 

合わなければ他にも仕事は沢山ありますし、新しい世界に入るのに悩むだけ無駄かなと思います。

 

とにかく最初の三か月は人生で経験できないようなことが沢山出来ますので悩む前にやってみましょう!

 

そしていつか後輩が入ってくるまでは全力で自衛隊の仕事の事お覚えましょう。

まとめ

入隊して何するのかと厳しいのかどう書いてきましたが入隊後は班長達に言われたことをこなして、人間関係に悩んでる暇が無いほど体と心を鍛えるなるべく楽に短い時間で腹筋を鍛えたい!体幹トレーニング入門 – canonono.com

 

そうすれば次の3か月新たなステップにスムーズに進むことができます。あくまで最初の3か月です。

 

この後には後期教育という残りの3か月があるので、まだまだ自衛官としては卵から孵化したひよこって感じです。

 

誰もが通る道です。先輩も上司も自衛官ならみんなです。

 

自衛隊は経験すればどんどんできるようになりますし、知識も自分次第でたくさん持てます。

 

アメとムチで言うところの入隊してからの6か月はほぼムチです。

 

そんなこんなで3か月はあっという間に過ぎますが人生で5本の指に入るくらい濃厚な時間になる事は間違いないでしょう。

 

人生1度きり楽しんで自衛官ライフを送ってください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました