【自衛隊に入隊して良かったことベスト5!】元自衛官DKが教えます。

スポンサーリンク
ベスト5自衛隊

自衛隊に入隊すると良いことも悪いことも沢山あります。

 

今回はその中でも特によっかたことを5つとその理由をあげていきたいと思います。

 

そんなことかと思うこともあるかもしれませんが最後までお付き合い願いたいと思います。

自衛隊に入隊してよかった!ベスト5

1位 安定した生活
2位 色んなことを経験できた
3位 考える時間があった
4位 福利厚生の充実
5位 全国の人達と出会えた

1位 安定した生活

これは間違いなく1位です。もちろんデメリットもありますが1位の理由を説明していきます。

 

理由は人間に必要な平均的な生活を送れる=安定した給料や休みが保証されている。です!

安定の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

自衛隊のの生活ベースは安定にあるといっても過言ではありませんし、これなくして自衛隊を続ける意味もないくらいの感じです。

 

安心して暮らせるというのは人間にとって何よりのことだと思います。

 

なので1位にさせてもらいましたが、もしかしたら安定なんて糞くらえと思う人には別に1位になるようなことでもないかもしれませんが…(;^ω^)

2位 色んなことを経験できた

これは私自身の経験も含んでいますので必ずしも全員がそうではありませんが自衛隊では一般の人が経験できないようなことを経験できます。

 

射撃やリぺリング、ヘリに乗ったり、山で野宿したり、全国あちこちに行けたりもします。アメリカやその他海外訓練も行けたりします。

経験の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

仕事ではもちろんこのように色んな経験ができますし、私生活でも自分次第では多くを経験できます。

 

私は休みなどで沢山旅行にも行けましたし趣味にお金をかけることもできました。感謝

3位 考える時間があった

考える時間があったというのはとても良かったと思います。

 

1位の安定した生活の欠点は思考停止になりがちという所にあります。

 

が、自衛隊は考える時間もまた同等にあるように感じます。

 

ここで日々流されていると定年までいることになります。

 

例えば、

することがなくて自衛隊に入隊したとか、なんとなく入隊した隊員は目標や夢を見つけるチャンスです。

 

あとは行動できるかどうかそれだけです。

4位 福利厚生の充実

言うまでもなく自衛隊は公務員ですのでこの辺のことは充実していますし、自衛隊を辞めてからも私は1年間分の健康保険料を安く支払って3割負担の権利を得ています。(退職後1年限定)

 

派遣社員もOK!ランチ無料など魅力的な福利厚生がある派遣先5選 | 派遣ガールズ

生命保険や傷害保険はもちろんの事、車や家のローンなども自衛隊で組めば割安ですし、給料から天引きですので滞りなく支払いができます。

 

保険などは月1万円程度で家族分まかなえます。

 

生命、障害、3代疾病など様々含めてこの値段です。

 

もちろん家族の多い少ないで前後はしてきます。

 

これも天引きですので給料からひかれます。

5位 全国の人達と出会えた

沢山の人に出会えたのは言うまでも無くよかったことなのですが、何故5位なのかと言いますと欠点もあります

 

良い点はその土地の文化や暮らし方など色んな話を聞いて旅行の参考にしたり、考え方や行動を見ていると自分の勉強や経験になります。

 

沢山の繋がりを持てたのは人生において財産になるということがわかりました。

 

欠点はその反面不要な付き合いや、一日だけ一緒に仕事をしただけなど、電話帳は名前と顔が一致しない人もいます。

 

今度シンプリストとして整理します。

 

自衛隊は広く浅く色んな所で仕事をしますので陸曹という階級になって管理する立場になると余計に増えます。

 

もしかしたらまた2回3回と一緒に仕事をしたりしますので簡単に消せないということもあります。

まとめ

以上がよかったことベスト5になりますがいかがだったでしょうか?

 

良かったことのはずなのにやはりそこにはリスクや欠点もあることを認識してもらえると選択肢は広がっていくのではないかと思います。

 

説明は薄っぺらいですが事実しか書きませんのでこんなもんです。

 

こんな当たり前のことが本当は幸せだと私は思いますし、自衛隊を続けている人も、今から入隊する人も、私のように辞めていく人もみんな正解で間違いはありません。

 

生きていくのが世知辛い世の中になってますます住みにくい国となっていますが、これだけの当たり前を国は自衛官に与えてくれるいい面もあると書きながら再認識させられました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog


コメント

タイトルとURLをコピーしました