【陸上自衛隊の水陸両用戦闘服】元自衛官DKが解説!

スポンサーリンク
suirikusenntoufuku自衛隊

今回は水陸両用戦闘服をどんなもんか実際に部隊に所属していた元自衛官DKが説明していきたいと思います!

 

この戦闘服は水陸機動団が新設されてからできた最新の戦闘服になるんで情報は少ないと思うのでぜひ最後までご覧ください。

 

現役の時に着用していたのでその時の着心地や、使いやすさ等々教えれる程度は知っていますので安心してください(*´▽`*)

迷彩服の概要

陸上自衛隊の迷彩服は当初は北海道の熊笹と赤土を考慮したものであったが改良をされて私が入隊したころには、日本国内の様々な山野の風景を考慮して新たな迷彩服が開発されて現在の迷彩服になりました。

 

これは前回も記述した通りですが迷彩の模様については全く変更なしでした。

 

日本の迷彩は市街地や水上においては非常に目立ってしまう点が弱点ですが改良無しで配布は残念でしたし、なんでやねん!って思いました。

 

上衣は背中の所が分厚く強化されて、偽装を着ける部分プラス引っ張れる用のベルト幅ほどある紐がついています。

画像ギャラリー | 陸自「戦車乗り」のブーツ なぜ脱げやすいのか? 迷彩服も実は違うもの着てます | 乗りものニュースこちらの赤〇と青○が両方ついているような感じです。新装備が盛り沢山、『水陸機動団』の新編行事が報道公開 - ミリブロNewsこれがその背中の部分です。

 

両肩にはポケットがついていて米軍のような使用になっています。

ミリブロNews on Twitter: "戦闘服(戦闘装着セット)水陸一般用。  肩にはポケットが付いており、胸ポケットのフラップが通常型と異なっている。また、ズボンのポケットには上辺にゴムが入っており、本体は三つ折りのプリーツによって容量をアップ。  #水陸機動団… "

 

中には下衣と連結できるように両脇の少し下くらいにっベルトが通せるようになっているのと左胸のポケットの中に3本ペンを刺せるように刺繍が施されています。

 

下衣はベルクロではなくボタンのポケット、またの部分は泳いだりもするので広がるようにしたり、裾は靴を脱いで泳ぐときに縛れるように紐が内側に入っています。

 

全てのポケットは下に穴が開いていて水抜きになっています。

特徴

もう1度説明をしておきますと、日本の植生を平均化しあの迷彩模様が完成しています。
近距離においても秘匿性が高くて、戦闘においては伏撃や防御戦闘に向いているとも言われます。
素材は難燃ビニロンというものが使われていて、燃えにくく更には赤外線暗視装置の探知も難しくする工夫もされてあります。
水陸機動団 - Wikipedia
更に水抜きや破れにくく改良されたりしていますが、普通の戦闘服に比べると重く感じますし、ゴアゴアします。
なじんできてもあまり変わらない印象でした。
夏は暑くてほとんど着ませんでした笑
冬場や演習、記念式典、水路系訓練などに使用した事が多かったです。

 

まとめ

柄は同じでも様々な形や特色があるので今度自衛隊を見かけた際は良くご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

水陸両用戦闘服は水陸機動団に所属している隊員にしか配布されていませんので九州では見れると思いますが本州では中々見れないかもしれませんので、ぜひ旅行で九州に行った際は見て欲しいと思います。

ミリブロNews on Twitter: "戦闘服(戦闘装着セット)水陸一般用。  肩にはポケットが付いており、胸ポケットのフラップが通常型と異なっている。また、ズボンのポケットには上辺にゴムが入っており、本体は三つ折りのプリーツによって容量をアップ。  #水陸機動団… "

 

解説ってこんなけかい!と思った方もいるかもしれないですが本当にこんなもんです。

 

他の雑誌やテレビなので大げさに報道されているかもしれないですが、私は本当の事しか書きませんので(。-`ω-)

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog


コメント

タイトルとURLをコピーしました