【レンジャー学生の食事】元自衛官であり元レンジャー隊員DKが教えます!

スポンサーリンク
Rsyokuji自衛隊

陸上自衛隊にはレンジャーという最も過酷な訓練があります。

 

そこでは壮絶な訓練が行われるわけですが、管理面の食事について今回は書いていこうと思います。

 

いったい彼らは(私も含む)レンジャーの教育を受けながら何を食べ身体を作っているのでしょうか?

 

私の経験を織り交ぜながら真実を語りますよー(≧▽≦)

基本訓練

基本訓練とは、想定訓練に入る前に身体を作って、各種検定に合格し想定訓練に入るまでを言います。

 

最近のレンジャー事情は教範といって自衛隊で定められた教科書ができました。

 

なのでそれに基づいて教育は行われています。今までは教範が無いので無法地帯でした(;^ω^)

 

しかしながら個人個人の体力や体形は様々で想定訓練までに身体を作っておかないといけません。

自衛隊レンジャー 有事に最前線へ 過酷な訓練: 日本経済新聞

その理由は想定訓練の所で説明しようと思います。

 

食事事情ですが基本訓練の時は朝・昼・晩とそれはもうこれでもかと食べます・食べさせられます。

 

でも訓練の方が厳しすぎて毎日お腹すきまくりです。

 

過去のレンジャー訓練の卒業生たちが沢山の差し入れを持ってきてくれるので食べ物には困りませんが、時に食べ物の大切さを教えるために食べさせてくれない時とかもありました。

 

今ではやっていませんが時効というこでちょっとだけ書きますが、隠れて勝手に食べ物を食べた隊員が見つかってしまった隊員がいました。

 

それに激怒した教官や助教たちが缶めしに沢あんがあるのですが、それをでっかいボールに満タンに入れて持ってきて全部食べろと連帯責任を取らされたり…

自衛隊 sur Twitter : "陸上自衛隊 屈み跳躍  肩に約3.5キロの小銃を担ぎしゃがみこみ跳躍をする。この際30㎝以上跳ばなかったり屈まないと教官から檄が飛ぶ。自衛隊人生で最もキツイ訓練とも言われ、何回跳ぶかは教官次第という鬼のような訓練である。  また、何かやらかし ...

朝食べさしてもらえなかった全員分のパンをそのタイミングで出してきてこれも食えと食べさせられたり、1度配膳した食事を時間内に配膳できなかったと言われ1つの箱に戻させて残飯みたいにぐちゃぐちゃになった食事を食べたりしたこともありました。

 

もう1度言いますが今はそんなことはやっていないのでコンプライアンス問題なしです!

 

私としてはとてもいい思い出や経験になったので本当に良かったと思いますし、レンジャー隊員になるために食事のありがたさを知るの事も重要でもあるのかなと感じます。

 

もう1つ良い経験といえばカエルやニワトリや蛇を自分たちで捌いて食べたこともとてもいい経験になりました。

 

普通に生活していれば生きているものを殺生していただくという事は今の時代ありませんから本当に命のありがたみを感じました。味はカエル以外微妙でしたが…(;´・ω・)

レンジャー訓練

という事で基本訓練感はこのように体力・身体作りのためにたくさん食べることの方が多いった感じです。

 

さて想定訓練はいったいどのようなものをどういった量食べるのでしょうか下に記述しますので見ていきましょう。

想定訓練

想定訓練とは様々な任務を受けてその任務を遂行しに行く訓練です。

 

それがとてもキツイもので、辞めていく隊員も沢山います。

 

食べず寝ずの訓練になりますので、体力気力が奪われるようにカリキュラムが組まれています。

 

1度訓練に行けば50キロ前後の荷物を背負い、決められた水の量と食事の量で過ごさなければなりません。

 

大体1日1食水1リットルくらいが基準ですが、訓練が進むにつれてその量は減りつづけます。

 

ちなみに1日で終わる時もあれば最後の方は4日もかかる時があります。

 

食事はレーションという自衛隊のいわゆるミリ飯です。最終的には1つをバディと分け合って食べたりもします。

陸自「戦闘糧食」 写真特集:時事ドットコム

部隊によって様々ですが最近では教範ができたのでどこでも大体同じ基準でやっていると思います。

 

水については1リットルは変わりませんが日にちが伸びるのに量は変わらないということでこれもまた厳しくなっていきます。

 

日々の訓練で体重は結構落ちているのに、さらに1任務ごとに多い人で10キロは体重が落ちたりもします。

 

任務を終えて帰ってくるとガリガリに痩せます。

 

ここからは私が行ってた頃の話になりますが、食事、水共にくれない時もあったりしましたし、空梅雨で雨が降らず自然からも見放されていました。

 

自分のおしっこを飲むもの、その辺んに落ちている瓶に入ってる水を飲むもの、山の排水やお墓の水など様々な水分収集活動を同期の仲間たちに聞きました。

 

それほどに追い込まれて任務を遂行するという強い精神力を養わされたと思いんますし、今では笑い話でいい思い出です。

 

普通の人にはできない経験をさせていただきました。

 

任務と任務との間は食べ放題飲み放題ですが自腹なのでお金がかかります。

 

でも体重を戻しておかないときついのでみんな食べまくって飲みまくっていました。

 

こんな感じで厳しい訓練と言われる裏には訓練だけではなく、食事や水分補給などの人として必要なことまでも制限されるからですね。

 

だから基本訓練で食べさしてたのはこのためです。

まとめ

レンジャー隊員になるのは本当に大変なことだなと改めて思いますね。

 

私は運よく卒業できましたがそういった隊員ばかりでは無いのでその凄さがわかるかと思います。

RANGER 陸上自衛隊 幹部レンジャー訓練の91日 - 投稿 | Facebook

皆さんも日々の食事のありがたさこのブログを読んで気づいてもらえたら幸いです。

 

自衛官は泥水で顔も洗いますし飲みます。

 

そうやって頑張っているので街で見かけたら応援してあげてください。

 

まとめサイト→https://dkblog01.com/rangermatome/

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog



コメント

タイトルとURLをコピーしました