【芸人やす子も行ってる予備自衛官って何?】元自衛官DKが簡単に教えます!

スポンサーリンク
yobijiシンプリスト

予備自衛官の制度は自衛隊のホームページとか予備自衛官専用のホームページを見てもらえば詳しく書かれてるんやけど、それが逆にわかりにくいねんな~(ここからは予備自衛官略して予備自にさしてもらうな)

 

そんな不満を解決すべく今から分かりやすく説明していくで!

 

まず頭に入れといてほしいのは予備には3種類あるっていうこと

 

 即応予備自衛官

 予備自衛官

 予備自衛官補

 

この3つに分かれるで☆

 

なんで3つに分ける必要があんの?これが次の疑問やと思う!簡単に言うと同じレベルのグループに分けて訓練して国の役に立ってもらいましょうちゅう話やで♪

 

じゃあ1つずつ説明していくで~

 

簡単に書いてるつもりやけど見にくかったら濃ゆくなってるとこだけ読んでな☆

 

即応予備自衛官

即応予備自衛官

これは予備自の中ではレベル高の分類やで

 

採用の対象は元自衛官で1年以上現役をしてて、なおかつ退職して1年未満ちゅう条件があるで

 

元自衛官のあと予備自(元自で1年勤務)になってその後、即応予備自になることもできる

 

どっちにせよ元自衛官の1年勤務縛りがあるから一般の人では無理な制度になってる

 

じゃあもし即応予備自なってなんぼもらえんのって話になってくるから説明するな☆

 

即応予備自衛官手当 16,000円 / 月(税別)毎月もらえるお金やで

訓練招集手当 14,200円~10,400円 / 日(税別)訓練に参加すればもらえるお金やで

勤続報奨金 120,000円 / 1任期(3年)(税別)3年に1度もらえるお金やで

雇用企業給付金 42,500円 / 月(1人あたり)(税別)本来の職場に復帰できなくなったり、急に任務に就くことになったときに企業に支払われるお金やで

 

さてこれじゃ結局なんぼやねん!って感じやけどもう少し待ってな

 

即応予備自は1年で30日の訓練にであかんちゅう決まりもあって30日でたとして計算して1番低い賃金で計算してみるな  30日×11440+12か月×17600=343200+211200=554400(税込みの計算)

 

年間で約55万円のお金がもらえるでー♬

 

でもほとんどの人は仕事は別でしながらになるからまぁまぁきついけど1日にしたら1万8千円くらいはくれるわけやからまぁちょっとした副業にしたらめっちゃええ!

 

でもなれるのは元自衛官だけやねん(;´・ω・)そしてやす子もこれに属しているちゅうことになるで

ソース画像を表示

 

仕事内容も自衛官とほぼ同じことをせなあかんし、いざというときは最前線に放り込まれるで⤵

 

まとめると、元自衛官で年間30日訓練出て約55万もらえるのが即応予備自ってことやで

 

予備自衛官

予備自衛官

次は予備自衛官っていう分類やで(*’ω’*)レベル中の分類

 

勤務の内容はこんな感じで、第一線部隊が出動したときに駐屯地を守る役割につくのが仕事になるで

 

一般の人でもなれるけど予備自衛官補っていう次説明する教育訓練を修了していないとなられへん

 

1年間で5日間の訓練に参加するだけでいいし比較的都合のつきやすい制度でもあるんや

 

採用は元自衛官ならだれでもいけるし、予備自衛官補の教育修了してれば一般の人でもなることが可能や!

 

月4,000円(税別)に訓練に1日出ると8,100円(税別)手当がつくで

 

計算していくな♬

 

12か月×4400+5日間×8910=52800+44550=97350

 

1年間で97,350円がもらえるんや

 

たった5日の訓練に出るだけで日に換算すると19,000円ちょいのお金がもらえるお得な制度やな

 

訓練内容ははっきり言って楽勝です

 

僕は元自衛官なんで(*´ω`)

ソース画像を表示

人それぞれあると思うんでもしかしたらきつい人もいるかもしれへんけど頑張ってなぁ☆

 

一部内情を教えると来てるだけで訓練参加してへん人もおるで

 

腰痛いとか足痛いとか言って…それでもお金は支払われてるのが現状やな

 

これでいいのか自衛隊やでホンマ(;´・ω・)

 

現役時代には予備自制度は現在の日本において無駄やとしかぼくは思ってなかったし今でもそう思う

 

あっても即応予備自だけでええんちゃうかなぁとも思うけど実施問題はそうもいかへんからこの制度がなくならへんのもわかるから辛いで(;^ω^)

 

ちなみにぼくはこの制度を利用することを退職前に進められたけど断固拒否して退職したで




予備自衛官補

予備自衛官補

ここはサクッと行くで

 

一般の人が受ける訓練になるねんけど基本は教育訓練ゆーて、自衛隊の基礎を教えてもらう制度になるで

 

これは自衛隊の基本を教えてもらいながらお金がもらえるで☆ラッキーや!

ソース画像を表示

一般(18歳~34歳まで)は3年以内に50日、技能(18以上で保有する技能で53~55歳未満)は2年以内に10日で念願の予備自として任用されるんやけどお金のことはホームページまたは直接連絡して確認してな

 

詳しくはホームページで確認してや → https://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/yobijiho/index.html

 

説明したいねんけどこれは簡単には説明不可能やから実際に体験してみたら早いと思うし、簡単に説明一応しておくと、ミニ新隊員自衛隊訓練みたいなイメージやな!

 

予備自に一般の人がなるためにこの制度があるわけやから、自衛隊に入るほどでもないけど自衛隊のこと知りたいとか、自衛隊みたいなことしたいなんて人にはもってこいの制度になってるで~

 

まとめ

まとめ

 

予備自のことなんとなくわかっていただけたかな?

 

予備自には3つ種類があって即応予備自衛官と予備自衛官、予備自衛官補、それぞれ処遇が異なってるっていうこと

 

訓練の強度によってお金も違えば、日数も違うし自分に合った方法で勤務するといいですよってほとんどの方は一般の方が多いと思うので予備自衛官補からのスタートになるで

 

一般の方は予備自衛官補~予備自衛官

 

元自衛官の人は予備自衛官か即応予備自って感じのほうがわかりやすいかな

 

予備自に興味沸いた人はぜひ入隊してみてや~(*^▽^*)

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

dk blog

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました