水陸機動団とは

スポンサーリンク

自衛隊の「水陸機動団」(すいりくきどうだん)は、陸上自衛隊において水陸両用の機動能力を持つ特殊な部隊の一つです。水陸機動団は、略して「水機団(すいきだん)」とも呼ばれることがあります。その主な役割は、海岸線からの侵攻や上陸作戦など、海陸をまたいだ様々な任務に対応することです。




水陸機動団の主な特徴や役割は以下の通りです。

  1. 水陸両用能力: 水陸機動団は、陸地と海をまたいで機動する能力を持ちます。そのため、上陸作戦や海岸線からの展開に対応することができます。
    第2連隊「戦力化」完成 陸自水陸機動団発足3年 三つ目の配置行方が焦点に - 長崎新聞 2021/03/28 [11:00] 公開
  2. 軽快な機動: 水機団は、車両や舟艇、ヘリコプターなどを用いて、迅速な機動を行います。これにより、急な展開や移動が可能です。
    水陸機動団1年前倒しだそうで - 薬を飲み忘れないようにしないとね
  3. 多様な任務: 水陸機動団は、防衛、災害対応、国際平和協力など、さまざまな任務に対応します。特に、災害派遣や国際的な人道支援活動にも従事することがあります。
    水陸機動団に汎用軽機動車 - 薬を飲み忘れないようにしないとね
  4. 特殊部隊の連携: 水陸機動団は特殊部隊や特殊作戦群などとも連携し、特殊作戦や対テロ活動にも参加することがあります。
    沸騰ワード10で『水陸機動団』が話題に! - トレンドアットTV
  5. 統合運用: 他の自衛隊部隊や航空自衛隊、海上自衛隊などとの統合運用が重要です。多様な要素を組み合わせて作戦を展開する能力が求められます。
    陸海合同、「水陸機動団演習」始まる。: 果てしなき業務日記

水陸機動団は、日本の防衛体制の中で、海陸両用の能力を持つ重要な部隊として位置づけられています。その役割は、国内外での安全と平和の維持に寄与するためのものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました