【木工芸術スクール㉓】元自衛官の職業訓練日記

スポンサーリンク
mokkkou23木工

今週は個人製作がほとんどでした!

 

私は段取りしていた内の8割くらいは出来たのかなと思います。

 

家具の設計は思っていた以上に難しいのと、現場で色々変更もしていかないと対応ができなくなってきてしまいます。

 

要は図面通りにはいかないという話です。

 

個人でやっているわけでは無いですので何の工具があって、どのような加工ができるのか分からないので確認をとりながら進めていくシステムで、そういった点では先生の数も少ないのでスピード感はあまりありません。

 

しかし焦って作るよりは全然いいです。

 

それに木というのは何故か切ったり削ったりすると形がそろわへんのです(。-`ω-)

木工芸術スクール23週目

名作椅子

今週の名作椅子はバリアブルという椅子になります。

 

VARIABLE BALANCE CHAIR NATURAL/RED|サイドチェア | THE CONRAN SHOP(コンランショップ) | THE CONRAN SHOP

バリアブルは、バランスチェアとして最初にデザインされバランスシリーズの原点ともいえる作品です。

 

約30年前にデザインされたとは思えない程今でも斬新な形とアイデアをもった一脚といえます。

 

実際に座ってみると膝にだけ重心が乗るのではなく、しっかりと座っている感覚もありながら背筋が伸びデスクワークは長時間の座り姿勢をサポートしてくれるような感覚です。

 

欠点はやはり膝に体重が乗りますので膝が痛くなってきたりもします。

 

後は休憩などには全く向いているとは言えないものです。

 

ゆらゆらと揺れを楽しんだり、膝当てを使わずに座ってみるのもいいかと思います。

実技

個人の作品を制作していって今週は板はぎとフラッシュで引き出し部分の枠組みを作っていきました。

 

フラッシュ合板 メインの板はホワイトオークで製作していってます。

 

作っているのはお化粧やパソコン作業をするためのデスクです。
天板は1200×500のまあまあ大きめに設計しています。
板はぎ
学校ではたくさんの板から選ばせてもらえるのですが、手前に来る一枚だけは良いのを選ばせてもらって、真ん中はそれなりのモノで、奥は棚がくるのであまり良くないんもので作るようにしました。
写真では上から順に1番幅の広い板が良い板になります。
私なりに気を使ったのと、後は歩留まり(無駄に捨てる部分)を出すともったいないし先生方にもなるべく大事に使うようにとの指示があったのでやはり木を選ぶのが一番ストレスになります。
今週は本当にこれで疲れたなぁー(^▽^;)
良き疲れ。
板はぎは1人でやらずに何人かの板はぎする学生と一緒にやったためにたくさん板はぎしまくってたくさん知識も増えました。
来週はどれだけ進めるか分かりませんが安全第一、ゆっくりとマイペースにやっていけたらいいかなと思います。

まとめ

1人で家具を作っていくと困ったことや分からないことが結構出てくることに気づき、さらには失敗もたくさんしてしまっていることにも気づきました⤵

 

まだまだ0.2人前といった感じです。

 

学校が終わればだれもその場に助けてくれる人はいませんので沢山家具作りを通して色んな事を吸収して自立できるようにやっていこうと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました