【木工芸術スクール⑧】元自衛官の職業訓練日記

スポンサーリンク
mokkou8木工

学校が始まって8週に入りました。

 

今週は少し変わったことがあって、グループ製作というものが始まりました!

 

その他手押し鉋、自動鉋、帯鋸、リップソー、クロスカットソー、倣い旋盤などの機械の操作も始まったのでいよいよって感じで楽しみー(*´▽`*)

 

手加工についてはもう個人の時間で練習するしかなくなってきました。

 

これは結構ピンチ!

 

座学についても1ヵ月に1度のインテリア概論がありました。

 

キャリアという授業があるのですがそれのおかげもあってコロナの影響で中々取れないコミュニケーションが少しずつ取れてお互いを知るいい機会にもなっています。

 

芸術スクール8週目

座学

まずは座学ですが変化があったことといえば上記で書いたように月1回のインテリア概論がありました。

 

個人的にはかなり役に立つし参考になることの多い授業で毎回楽しみにしています。

 

インテリア概論というのは本来インテリアについて学ぶのですが、講師の先生のスタンスとしては興味があれば自分でやると思うのでって感じです。

 

あんまりインテリアは正直やりません。

 

じゃあ何を勉強するのかといいますと家具ショップの情報や、求人などの情報もくれたりもしますし、これからの家具を売るための戦略のヒントをくれたり、学びのヒントをくれたりします。

インテリアコーディネーターのイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

正直言って興味がない人が聞くと必要のない情報かもしれませんが、これから木工で生きていく私たちにとっては非常に重要な話だと思います。

 

その他の学科はいつもと変わらずって感じです。

実習

グループ製作はキャビネットを2人ないし3人で1つを作るというものです。

 

ようやく家具づくりの始まりです。

 

めちゃくちゃうれしかったですが、繊細な仕事危険な仕事が多い木工では一気には出来ませんし、先生も1人で何人も見てますので大変です。

 

フラッシュという加工で1枚の板を作っているのですが今週でその枠組みがようやくできた感じです。

組み立て式の家具のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

その他機械の使い方を学んだのですが、刃物がついているので危ないですし、初めてはやはり怖いものです。

 

鉋の機械などは木づくりの練習で倣い旋盤は丸脚を作っています。この脚は今後グループでスツールを作るときの脚になるみたいです。

 

ちなみに木づくりとは大まかに図って切りとった木材をさらに自分がしたい寸法より数ミリ残してきれいな面を出す作業のことです。

 

ようやく家具を作り始めましたがまだまだ1人でできるレベルでは無いのを感じますし、早く1人でできるような職人になりたいと思う毎日です。

まとめ

今週も色々やりましたが覚えることも多いですし、就職のことについても考えないといけませんしコロナでものすごく影響が出ている感じはしますがやるしかないですね。

 

いつかやるはやらないでしょうし、コロナのせいとい言っているうちは何の成長もありませんから、毎日できることを確実にやっていってそれでもダメなときは諦めたり逃げることにします。

 

無駄な努力と2度手間は私は嫌いですので必ず成果を出す!

 

皆さんも木工は1日にして成らずですが、続ける強い気持ちと情熱をもって職業訓練を受けに来てくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog



コメント

タイトルとURLをコピーしました