【木工芸術スクール⑭】元自衛官の職業訓練日記

スポンサーリンク
mokkou14木工

高山市は今週に入ってからとても寒暖の差が激しく、秋と冬の香りがしてきました。

 

今年は引っ越してきて1度もクーラー使うことがありませんでした。

 

何日か我慢した日はあったんですが何とか乗り切った感じです(;´Д`)

 

学校の方はとても順調ですが座学もいよいよ〔作る〕といったことを目的としたものも増えて、計算や設計など頭ついていかなくなりそうですが、とてもやりがいがあって頑張っています。

芸術スクール14週目

座学

座学はダボ穴やほぞといったもので木同士を接合していくために寸法を出す練習や、木工機械の勉強、デザインや、人間工学、製図と沢山やることが増えています。

 

アドバイスとしてはその日のうちに出た疑問はその日のうちに解決する事!

 

これは本当に重要な事なのでぜひ実践してください。

後から困らないように、先生がいるうちに解決は基本中の基本と心がけてやると、色んなことの段取りが良くなると感じます。

 

これからは座学の時間も徐々に減っていって、実習が多くなると思うのですが、本心は嬉しいです。

 

しかしながら今まで教えてくださっていた外部の先生方に卒業式まで会えなくなってしまうのも寂しいものです。

 

神様じゃあるまいし一気に頭には入りませんが、少しずつ成長していこうと思います。

神様のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

ちなみに神様じゃあるまいしとは、木工芸術スクールの訓練課長K先生の口癖です。

 

実習

実習についてはグループ製作のキャビネット、板組の5枚ほぞ組などを今週はやりました。

 

キャビネットは大分形にはなってきていますが家具というのは作業工程が良いものになるほど多いのだと実感しています。大量生産で機械で行っても最後は人の手仕事がないと良いものは出来ない気がします。

 

そこに魅力ややりがいもありますし、使う人が喜んでくれて生活が豊かになる、便利になるなどの家具本来の目的が果たせる喜びもある思います。

5枚ほぞ組はこんな感じです。2018 1月号スタッフDM 山口 小林 | 兵庫・神戸の工務店 あんじゅホーム要は板を互い違いに切って組み合わせる手法ですがこれもまた非常に簡単そうで難しいです。

 

木工ではほとんど機械でできますが手加工の技術習得のためみんな毎日同じものを作り続けています。

 

今週の名作椅子はトーマス・リートフェルトのレッドアンドブル―です。名作椅子検定】いくつ知ってる? 名作椅子の物語。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

この椅子は画家のピート・モンドリアンやテオ・ファン・ドゥースブルフに影響を受けた椅子で、原色を多用する直線的な構図が彼らの絵画の特徴でした。

 

私個人としては座りにくいし謎に高いので多分買わないですが、椅子というよりはインテリアとして部屋に飾るなどした方が実用的だと思います。

 

もはや現代では名作椅子というよりは名作インテリアですね。

まとめ

今週はハローワーク行ったり、銀行行ったり、免許更新行ったり、結構バタバタでしたが何とか乗り切りました。

 

これから本格的に就職活動や個人製作となっていきますので、忙しくなってきて卒業までアッという間だと思うので1日1日大切に過ごしたいと思います。

 

また木工芸術スクールではインスタやFacebookもやっていますのでぜひご覧になってください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました