【ウォークオブフェイム】元自衛官DKの海外旅行inアメリカロサンゼルス

スポンサーリンク
los2旅行

今回はアメリカロサンゼルスにあるウォークオブフェイムについて書きたいと思います。

 

TVなどでよく見かける星形のハリウッドスターの名前入りのタイルがある通りと、食事をしにいったメルズドライブインというレストランにいってきたので紹介していきます。

ウォークオブフェイム

ウォークオブフェイムといえばロサンゼルス定番の観光地ですね。

 

ハリウッドサインや映画にまつわるようなものやお店が沢山ありました。

 

始めていく方は半日もあれば十分だと思いますがハリウッドサインを近くで見に行く場合はもう少し時間がいるかと思います。

 

私たちはショッピングモールのハリウッド&ハイランドセンターでハリウッドサインを見に行きました。

 

感想としては、とても小さいですけどわざわざ近くで見る必要もないのかなという感じです(;´・ω・)

 

あくまで個人の感想なのでどうしても近くで写真やインスタ用に取りたいという方はぜひ行ってみてください!

 

ハイランドセンターで1度観てから考えてもいいと思います。

ハリウッドサイン

ハイランドセンターからはこの程度です。これは写真なので肉眼ではもう少し大きく見えます!

 

一方ウォークオブフェイムはといいますと、コロナの前でしたので非常に人が多くてどこに誰の手形や名前があるか分かりにくかったです。

 

探すのが楽しいのですが、人の多さに中々萎えスポットでした^^;

 

コロナで今は人が少ないはずですが旅行にも行けない状況なのでどの道行けるようになるころには人が多いと思います。

トランプジャッキー

こういう方のを見つけました。

レッドカーペット

ここはドルビーシアターという場所でよくレッドカーペットが敷かれてテレビに映るところです。

 

お決まりの観光地ですが1度は行って見たかったので感想としては行ってよかったって感じです。

 

何がよかったんや!って話ですがレッドカーペットの場所を自分で訪れて見て体感できたことですかね(*´з`)

 

2回は行かなくてもいいかもしれませんがレッドカーペットの時期に行くとまた違うかもしれませんねー

メルズドライブイン

昼ごはんにメルズドライブイン(ハリウッド店)というレストランに行きました。

 

ウェイトレスのおばさまは非常に愛想も良くアメリカンな雰囲気のお店で味もダイナミックでした。

 

このようなものを食べたり飲んだりしたのですが名前はすいません忘れました。なぜならメニューに写真があってThis oneといいながら頼んだからです。

 

飲み物は写真がなく、お勧めを聞いて出てきたのがこの飲み物でした。

 

味はメチャクチャ甘かったです。

 

甘いものが好きな私が人生で初めて残しました。本当です(;´Д`)

 

アメリカの味の感覚ヤベーってなりました!でも食べたり飲んだりしないと分からないので良い経験と思い出になってよかったです。

 

ワッフルは甘いけど美味しかったですしサイズもSサイズのピザくらいありましたが1人で十分食べれる量に感じました。

これは何故かアメリカンな甘さではなく結構食べやすくておススメです! 

 

サンドイッチは濃いめの味付けをしたビーフが挟んでいて半分ずつ妻と食べましたが結構お腹いっぱいになる量でした。

まとめ

ロサンゼルスのウォークオブフェイムはこんな感じです。

 

ちなみにウーバータクシーやリフトと呼ばれるタクシーを呼ぶアプリがあると比較的安全に移動ができますよ。

 

アメリカといえど安全ではありませんし、最近ロサンゼルスでは薬物の合法化もされて治安がいいともいいきれませんので地下鉄やバスでの移動はあまり控えた方がいいと思います。

 

リフトはウーバーと同じような機能です。

 

現在地と行き先を設定して登録された近くにいるタクシーが迎えに来てくれます。

 

後は距離を最初に設定してますし、目的地を入れると値段も出ますのでアプリで決済まで済むのでほとんど会話もせずに目的地まで乗せてくれます。

 

最後に目的地に着いたらドライバーの評価をして終了です。

 

アメリカに行った際は利用してみてくださいね。

 

ロサンゼルス旅行のまとめホームアドレス

【まとめ】元自衛官DKの海外旅行inアメリカロサンゼルス
ロサンゼルスに行ってみて危険を感じたことや、おいしい食べ物、移動手段など様々な体験を書いていますので参考までに読んでから出発しましょう! コロナがおさまったら行こうと考えている方はぜひ読んでみてくださいね。 ディズニー編 ...

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

dk blog

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました